月別アーカイブ: 2016年6月

賃貸オフィスの契約解除の注意点

事務所を借りる賃貸オフィスは、店頭でお金を払って商品を受け取る場合と異なり、契約に基づく継続取引です。

賃貸オフィスの移転などによる契約の解除をする場合は、契約書に必要な予告期間が定められています。住居の場合は1カ月から長くても3カ月程度が一般的ですが、オフィスの場合、3カ月から6カ月程度の予告期間が必要なことも少なくありません。

賃貸オフィスの申し入れから退去までの期間が予告期間に満たない場合は、予告期間の賃料に相当する違約金の支払いが必要です。移転や閉店による契約の解除を予定する場合は、契約書を確認してタイムテーブルを作成すると安心です。

設備の整った賃貸オフィス

企業で営業をするうえで、事務所をどのように確保するかを検討することは、会社の経費面で重要な問題です。自社で物件を保有していない場合は、別途購入するか賃貸物件を借りるかのどちらかになりますが、最近は賃貸オフィスのサービスが大変充実しています。

賃貸オフィスは営業活動を進めるために最低限必要な設備が整っている物件が多くなってきていることが魅力です。デスクや椅子、電話などが最初から備わっていて、賃料にそれら使用料が含まれているというお得なサービスが増えてきていて、大変使いやすくなってきています。

賃貸オフィス業者ごとに内容に差があるので、比較して相談先を選びましょう。